怖い食べ物


こんにちは


リサです。


先日、好きなお笑い芸人 


小藪さんの出ている番組をみていました。


その日によって様々なテーマを取り上げているので、


いつも興味深く見させていただいています。


非常に興味深かったテーマだったのがこちら


『ケミカルクッキング』  です。




 

コンビニなどで売られいるハンバーグ弁当を作ってみる

 

という内容でした。

 

スーパー、コンビニで売られている食べ物は体に良くないというのはもちろん知っていました。


 

どこの部位かもわからないお肉を混ぜ合わせ、

 

 

添加物の白い粉を何十種類も加えて、

 

 

実際に作る工程を目にしたのは衝撃でした。

 

 

 

 


東洋経済新報社から出版されている


安部 司  著


『食品の裏側』




番組に出演されていた

 

安部 司さんの著書を読ませていただきました。

 

 

いままでの食生活に対する価値観がかわりました。

 

 

皆さんにぜひ考えていただきたい、

 

1日の食事の中で何種類の添加物を体の中に入れているかという事。

 

 

私は今まで、「安くて おいしいもの」が好きでした。

 

しかし「少し高くても いいもの」が大事という事に気付かされました。

 

子供に食べさせる食品はもちろん、

 

将来、出産の可能性が1パーセントでもある女性の方は、

 

ぜひ自分の体を大事にして欲しいのです。

 

人間なので、考える事は大事ですね。

 

なぜ1リットル198円の醤油と1000円の醤油が売られているのか。

 

いま目の前にある食べ物はどうやって自分のところへきたのか、

 

想像でいいので少し考えてみてください。

 

 

シークレットワックス ジュリエット

0362731221